めだかライフは楽しい!

めだかは、鯉などの大型な施設を保有せずとも箱庭感覚で飼育ができ、狭い日本の環境によく馴染める魚ですね。 産卵ペースも早く、自分の好きな配合を短期間で実現できるのも魅力の一つです。 細やかな飼育スタイルも日本人好みなところであり、今後は益々人気がでてくるのではないでしょうか。

メダカってどんな魚?

メダカはダツ目メダカ科に分類されており、小型の淡水魚と位置づけです。めだかの雄雌は尻ビレの形で比較的容易に判断できます。オスの尻ビレは、ほぼ平行四辺形で、メスの尻ビレは、オスに比べ幅が狭く、後方へ行くほど幅が狭くなっているのが特徴です。

メダカ本来の食性は、動物プランクトン、植物プランクトンの両方を食べる雑食性で、底生生物はほとんど食べません。小さなミジンコや落下昆虫(小さな虫等)の水面付近にある餌を食べています。生息環境は、平地の池や沼、水田地帯の水路で昼間は表層付近に群れて生活しています。ただ、近年、このような自然に生息するメダカを目にすることは稀な時代となっています。私も散歩コースに小さな側溝があるのですが、そこに自然のメダカが少しいるので、散歩の際には楽しみの一つです。メダカ減少の要因としては、コンクリート護岸、水田地帯の近代整備化、農薬などが主な原因ではないでしょうか。

めだかは低酸素状況に強く、流れのない貯め水などでも平然と生きていけます。逆に言えば、遊泳力が弱いので流れの強い場所は不向きであり、天敵が増えるため、生き延びることができません。水温変化にも強いのがメダカです。雪が降り積もり、氷が張る厳冬期にも耐え忍び、ギラギラと強い日差しが照りつける真夏の水温でさえも生き延びることができます。実は耐塩性もあるため、徐々に慣らしていけば、一時的には海水でも生きていけるということです。すごいですね。

メダカの寿命は、自然界では1年~2年とされていますが、改良メダの場合、環境と個体により変化しますが、およそ2年~3年と寿命が長くなります。中には5年生が現れることも!一度に産卵する卵の数は年を重ねるごとに少なくなる傾向があります。快適な環境下のメスは1日およそ20粒の卵を産卵するとすれば、1ヶ月600粒となり、4月から8月までの4~5ヶ月でおよそ2400粒にもなります(・∀・) 大切に育ててあげれば、気に入った品種を大量に増やすことが可能となり、ココがメダカ飼育の最大の楽しみなところですね!ただ、注意点が一つ。もともとメダカは群れで生活するスタイルであり、少数での産卵は難易度が高くなります。1ペアだけの産卵は超上級といっていいでしょう。せめて2ペア~3ペアでの飼育をオススメします。

メダカの快適な環境とは?

メダカは水槽セットでなくとも、水が貯められる容器であれば飼育ができるため、誰もがすぐに飼育を楽しむことができます。水質にも幅広い順応性を持っており、中和した水道水をそのまま飼育水に用意ることが普通にできる点でもお手軽で敷居が低い魚だと言えます。飼育容器は、メダカにとって住処でもあり、繁殖の場、食事の場、そしてトイレにもなります。水の容量ですが、よく言われているのは1匹に対し、1リットルの水が必要とされています。10匹飼うのであれば10リットルの容量がある容器、ということになります。ただ、私の見解は少し違っており、メダカ1cmに対し、1リットルが良いと考えています。つまり、小さいなうちはたくさん入れておいてもいいのですが、大きく育ったメダカは、それなりの容器を準備してあげる必要があります。2cmに達した成魚は10リットルに対し、5匹程度というところです。もう一点、容器選びは重要です。縦長の深い容器よりも、平べったい横長の容器がベストです。これは水中に酸素が入りやすくするためであり、遊泳範囲を確保するためでもあります。注意点として浅すぎると水温変化が激しくなります。よくエアレーションを導入されている方がいますが、私はあまり必要ないと思います。容量に対し、過密気味にたくさんいれているからエアレーションが必要、というケースもありますが、そういった場合は、糞や尿などの排泄物による汚染度が大きくなり、酸素だけの問題ではなくなります。流水については、無くても全く問題ないですが、強いて言うなら少しあったほうがいいかもしれません。強い流水は、強制的にマラソンをさせている状態となり、メダカがバテます。最悪死にます。水換えについては、環境により様々となり、一概には言えませんが、端的に言えば「水の状況が悪化したら」、または悪化しそうな場合に行う程度でいいと思います。水と一口に言っても、そこにはメダカ以外に糞や尿を分解し、害のない水に変えてくれるバクテリアが住んでいるんです。このバクテリア水換え時には皆無で、徐々に増えていきます。全替えをした場合、バクテリアが安定するまでおよそ2週間程度かかかります。止水で飼育している場合、水の色は徐々にグリーンに変化すると思いますが、一つの目安として、この水の色が茶色になったら要注意です。水を循環させている場合には、おそらくフィルターを使われていると思いますので、そこにバクテリアが住み着いてますので、水換えは止水ほど慎重にならなくてもいいと思います。まとめると、メダカの環境作りとは「水質作り」といって過言ではありません。メダカだけではなく、バクテリアの存在も気に留めていて下さい^^

めだか処 利久庵 ビオトープ

グリーンウォーターとは?

ネットにグリーンウォーターについて参考にできる記事があったのでご紹介します。
転載元記事:「メダカ養殖の強い味方『グリーンウォーター』を解説 見た目は汚水?」by TSURINEWS
https://tsurinews.jp/75482/2/
※転載許可済み

魔法の緑の水
最近、少しずつブームの匂いがしている『メダカの養殖』。きれいなメダカをたくさん繁殖させて、一攫千金!と一念発起する人が増えているようです。養殖するには安定的な飼育環境の整備がマストです。そこで活躍するのが、『グリーンウォーター』。魔法の緑の水らしいけど、見た目は汚い水・・。でも、この水さえあれば、安定してメダカを飼育できるのだとか。
グリーンウォーターについて
皆さんは池や湖の水が緑色になっているのを見たことはありませんか?簡単に言うとあの水のことをグリーンウォーターやアオコと言います。グリーンウォーターとは植物プランクトンが水中に大量発生し、緑色になった水のことを指し、青水などと呼ばれることもあります。厳密に言うと、浮遊性の珪藻(けいそう)類を中心に繁殖している緑色がかった水をグリーンウォーターと呼び、微細藻類(主に浮遊性藍藻)が大発生し水面を覆い尽くしている水をアオコと呼びます。前者がメダカにとってメリットが大きい魔法の水なのに対して、後者は、水面を浮遊性藍藻などが多い尽くしているため、植物性プランクトンが光合成をできず、あまり良い状態とは言えません。何よりも後者は悪臭が漂うだけでなく、藍藻そのものの持つ毒素のせいで、魚やエビが死滅する直接的な害がある場合もあります。どちらもあまりきれいには見えませんが、実は前者の「グリーンウォーター」は自然界にもごくごく当たり前に存在する魔法の水なのです。
どのような効果があるのか
メダカをグリーンウォーター下で飼育するメリットは大きく3つあります。
  1. 有害物質の分解
  2. グリーンウォーターには前出の通り、植物性プランクトンが大量発生しています。魚の飼育において排泄物に含まれる硝酸塩やリン酸塩は常に付きまわる問題ですが、グリーンウォーターを用いれば、有害物質を栄養として植物プランクトンが吸収し、無害化してくれる効果があります。一般的な魚の飼育であれば、ろ過装置を購入し、人為的に有害物質を吸着させますが、このグリーンウォーターを用いることで、そのコストを削減することができます。

  3. 酸素の供給
  4. グリーンウォーターには前述の通り、大量の植物プランクトンが繁殖しています。簡単に説明すると、植物は光合成により日光と二酸化炭素から酸素とエネルギーを作り出します。植物プランクトンの光合成によってメダカ飼育に必要不可欠な酸素が生み出されます。

  5. メダカの食料になる
  6. メダカは雑食性ですが、自然界では主にプランクトンを食べています。例えば動物プランクトンだとミジンコやボウフラ、植物プランクトンだとケイソウなどがこの対象になります。グリーンウォーターを通し、メダカを頂点とした食物ピラミッドが出来上がります。植物プランクトンが発生→これを動物プランクトンが食べる→さらにそれをメダカが食べる→その排泄物をもとに植物プランクトンが繁殖→最初に戻る。このサイクルが安定することで人為的にメダカに特別な餌を与えなくても、餓死をすることほとんどなくなります。

デメリット

グリーンウォーターを使う上で、デメリットは存在します。

  1. 水の中の様子がわかりにくい
  2. 水が緑色をしているので、水中の変化に気づき難くなります。例えば屋外で飼育している場合、水生昆虫が飛来していても気づかず、稚魚が食べられてしまったり、病気が蔓延していても、死魚が沈んでいて発見できずに手遅れになってしまう可能性があります。このような事例は中々起きませんが、様子がわかりにくいということは、それだけでリスクであるとも言えます。

  3. 貧酸素になってしまうかも
  4. 植物は日中は光合成と呼吸の両方を行っています。しかし、天気が悪い日や日光があまり当たらない状況が続くと、水中の酸素だけが消費されるようになってしまい、メダカが酸欠になってしまいます。グリーンウォーターの濃度が濃すぎる場合にこのような事例がまれに起こるので、定期的に水換えをしてあげましょう。